忍者ブログ
Admin*Write*Comment
劇研マップレス公演情報
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

納谷です。
外部公演にて私含め数名出演させていただくのでそちらの告知をば。

『今田匡彦研究室主催
 第9回スプリング・コンサート』


日時
2月18日(土)
18時開演(開場は30分前)

場所
弘前大学創立50周年記念会館みちのくホール

料金
無料


当コンサート内で短編の芝居を上演いたします。

『今夜、ピアノのあるうちに』

脚本・演出
鎌田龍

出演
藤田由里子
納谷翔一朗
鎌田龍

お問い合わせ
主催者へお問い合わせください。



コンサートの合間の芝居ということで、
内容もそれにちなんだものとなっております。
お時間・ご興味のある方は是非お越しください。

ではでは。
PR
4fd5d48d.jpgどうもどうも、
こちらお久しぶりです。
はい公演情報ドン。


「真実は笑わない」
作:中野守(中野劇団)
演出:山口朋子


出演
足立真彌
向屋敷萌
中村美咲
藤田由里子
工藤貴大
納谷翔一朗
佐藤啓吾
近藤健司
水上美紀

公演日程
11月29日(火)
11月30日(水)

開演時間
両日ともに18:30
※開場は開演時間の15分前になります。

料金
無料

お問い合わせ
TEL 090-7568-2845(納谷)
E-mail gekikenmaples★yahoo.co.jp
HP(PC) http://sky.geocities.jp/gekikenmaples/
HP(携帯)  http://m-pe.tv/u/page.php?uid=gekikenmaples&id=1

迷惑メール防止のため、お手数ではありますが上記E-mailアドレスの「★」を半角「@」に変えてご使用くださるようお願いいたします。

あらすじ
ある人には未来があった。
ある人には仕事があった。
ある人には我慢があった。
ある人には夢があった。
ある人には過去があった。

短き生涯、貴方は何で綴りますか。


※弘前大学関係者以外の駐車場に関しまして
弘前大学の駐車場は、外部の方の駐車が認められておりません。
まことに申し訳ありませんが、事前に弘前大学付近の駐車場を各自お調べくださいますようよろしくお願いいたします。


昨年度に引き続き、中野守さんの脚本です。
自分としては初の大集会室。
はしゃいでセットにお金使っちゃってます。
まぁご期待を。

ではでは。
 
納谷です。今度客演するのでその告知をば。

next-poster.jpg「劇王天下統一戦」参戦
弘前劇場劇団内 他流試合


■開催概要

弘前劇場旗揚げから30有余年、現在、60代前半~10代後半のメンバーが所属し、若手が着々と力をつけております。
この若手たちが、県内の若手俳優等を招集し、日本劇作家協会東海支部主催『劇王天下統一戦』参戦を目指し、 劇団内他流試合を開催します。

●日程・会場

日程:8月27日(土)
会場:青森市文化観光交流施設
       ねぶたの家 ワ・ラッセ イベントホール

●スケジュール

○1回目
 14:00開演 (13:30開場・終演予定15:20)
 16:00~17:00 審査委員スペシャルトークライブ
○2回目
 19:00開演 (18:30開場:終演予定20:20)
 20:40~ 結果発表
 司会進行 平塚麻似子(弘前劇場)

●ゲスト審査委員

長谷川孝治(青森県立美術館舞台芸術総監督)
遠田裕司(RAB企画制作部)
古木明日香(東奥日報編集局生活文化部記者)
白井健大(NHK青森放送局ディレクター)

●料金

 前売り 一般:1,000円(当日1,500円)
 前売り 学生: 500円(当日1,000円)
★チケットの御予約は下記弘前劇場事務所にて 電話・FAX・メールで承ります。
メール・FAXで御予約のお客様は、 氏名、連絡先、観劇希望のお時間、御予約枚数をご記入ください。

■弘前劇場事務所
〒038-0015
青森県青森市千刈3丁目2-10
TEL:017-776-4102 / FAX:017-776-4103
 

プログラム
【チームA】
題名「爽快地獄」作・演出:藤島和弘
出演:納谷翔一朗・鎌田龍・佐藤啓吾

ひと度ついた嘘を、貫き通さざるを得ない状況というものがある。 それが現実として生きられるまで、である。爽やかな絶望、あるいは明るい地獄というものを、少し探求してみたい。空が青い・・・

【チームB】
題名「テロメアーゼ」作・演出:黒滝奎吾
出演:安達大希・平田成直・黒滝奎吾

居酒屋で高校時代友人だった二人が偶然出会う。最初自分の大学話しに花を咲かせる二人だが、途中から大学への不満を 愚痴るようになる。しかし自分たちに学生運動等で変えるような意思もないことに気付き、また明日から大学に行くことにする

【チームC】
題名「薄墨の森」作・演出:田邉克彦
出演:福士賢治・林久志

晩夏の夜。6畳一間、田んぼが広がり、夜になれば商店も閉まるこのあたりは、静寂の中で、昼には聞こえることのない、 遠くの川にかかる鉄橋の音が聞こえる。深い闇と純化された空気の中で、男は、その鉄橋を走る列車の音に耳をすます。

※『劇王』とは―
『劇王』とは上演時間20分、役者3名以内、数分で舞台転換可能という制約のもとで上演される、短編演劇連続上演イベント。
観客とゲスト審査員の投票により優勝者が決定され、佃典彦東海支部長手作りのチャンピオンベルトが贈られる以外は何のメリットもない、劇作家の名誉のみを賭けた壮大なる闘いです。
挑戦者より「観客の皆さま、私にあなたの1投票をください」


という具合です。
チケットは我々にも手売り分があるので、こちらからも購入することができます。
気軽にお申し付けください。

ではでは。
納谷でございます。あまりHPを更新できていませんが、こちらはしっかりと。


弘前大学
劇研
マップレス 第121回公演
「闇鍋」
      52c692c1.jpg


脚本・演出 
繁田芝代
山口朋子
寺本豊

出演
繁田芝代
納谷翔一朗
山口朋子

公演日程
7月29日(金)
18:30開演
7月30日(土)
13:30開演

※両日ともに、開場は開演の30分前

場所
弘前大学 学生会館303号室

料金
無料

お問い合わせ
TEL 090-7568-2845(納谷)
E-mail gekikenmaples★yahoo.co.jp
HP(PC) http://sky.geocities.jp/gekikenmaples/
HP(携帯)  http://m-pe.tv/u/page.php?uid=gekikenmaples&id=1

迷惑メール防止のため、お手数ではありますが上記E-mailアドレスの「★」を半角「@」に変えてご使用くださるようお願いいたします。

概要
人数が少なくても演劇はできる。
3つの脚本、3人の演出家によるオムニバス公演。
演目、あらすじはまだまだ秘密。
こんな機会だからやりたいことをやってやる。

今宵の鍋にはどんな具が・・・?
弘前大学
劇研マップレス第120回公演
16ab4446.jpg
ユニット ニジュウ。 新歓公演

「スイマー」

脚本
星川渓
演出
中川杏奈

出演
寺本豊
繁田芝代
納谷翔一朗

公演日程
5月20日(金)
18:30開演
5月21日(土)
14:30開演
弘前大学合宿所

※両日ともに、開場は開演の30分前

料金
無料

お問い合わせ
TEL 090-7568-2845(納谷)
E-mail gekikenmaples★yahoo.co.jp
HP(PC) http://sky.geocities.jp/gekikenmaples/
HP(携帯)  http://m-pe.tv/u/page.php?uid=gekikenmaples&id=1

迷惑メール防止のため、お手数ではありますが上記E-mailアドレスの「★」を半角「@」に変えてご使用くださるようお願いいたします。

あらすじ
引きこもりの男が一人、今日もゲームでレベルアップ。
レベルがあがれば強くなれる。レベルがあがれば先に進める。
それを見ている女が一人、男の部屋に居座って。
引きこもってて何になる?レベルをあげてどうするの?

みなさんは、泳げていますか。

  • ABOUT
次回公演の案内、過去公演の情報
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • フリーエリア
  • 最新コメント
[12/14 すたーりばー]
[08/06 演出]
[02/25 skasai]
[12/04 アユミ]
[12/04 通りすがりの酔っ払ぃ]
  • 最新トラックバック
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
  • プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • 最古記事
Copyright © 劇研マップレス公演情報 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]